2017.01.05

アーセナルFWジルー、劇的同点弾もゴールパフォーマンスにファン激怒

ジルー
ジルー(中央)は同点ゴール後、”スコーピオンキック”のポーズを披露した [写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第20節が3日に行われ、アーセナルとボーンマスが対戦し、3-3の引き分けに終わった。

 この試合について、アーセナルに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーがサポーターの怒りを買っていたようだ。4日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えた。

 アーセナルは前半に2得点を許し、後半にも失点したことで格下相手に3点を追う展開となった。しかし、70分にチリ代表FWアレクシス・サンチェスが1点を返し、直後にスペイン人FWルーカス・ペレスが追加点を決めると、後半アディショナルタイムにジルーがヘディングゴール。終了間際に試合を引き分けに持ち込んだ。

 物議を醸しているのはゴール後にジルーが行ったゴールパフォーマンス。同選手は1月1日のプレミアリーグ第19節クリスタル・パレス戦で決めた“スコーピオンキック”を模したポーズを披露したのだが、格下相手に勝利が絶対条件とされるアーセナルにとって、同点に喜んでいる暇はない。ボールを抱えたイングランド代表MFアレックス・オックスレイド・チェンバレンが自陣に戻るよう指示したものの、ジルーは時間を使い続け、結果的にこれがサポーターの反感を買う形となった。

 同紙によると、ツイッターではこの件を非難するコメントが並び、「ひどい」や「ばかげている」といった言葉が同選手に浴びせられたという。

 土壇場での勝ち点確保に貢献したジルーだったが、劇的な同点ゴールによる活躍とは裏腹に、後味の悪い幕引きとなってしまったようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る