2017.01.03

マンC、前半で1人退場も2017年白星スタート 途中出場のアグエロが決勝点

アグエロ(一番右)の得点を喜ぶマンチェスター・C [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第20節が2日に行われ、マンチェスター・Cとバーンリーが対戦した。

 新年初戦となった一戦で、5位マンチェスター・Cが11位バーンリーをホームに迎えた。前節、リヴァプールとの上位対決に敗れたマンチェスター・Cにとって、上位陣にこれ以上離されないためにも勝ち点3が欲しいところ。スタメンにはイングランド代表MFラヒーム・スターリングやコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレらが名を連ねた。アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ、スペイン代表MFダビド・シルバはベンチスタートとなった。

 試合は32分、マンチェスター・Cが数的不利の状況に立たされる。中盤でボールを奪いに行ったフェルナンジーニョがヨーハン・ベルク・グズムンドソンに対して、両足の裏を見せながら危険なスライディングタックル。主審はレッドカードを提示し、フェルナンジーニョは一発退場となった。

 前半をスコアレスで折り返すと、マンチェスター・Cは後半からアグエロとシルバを投入し、攻勢を強める。すると58分、右サイドからのクロスがファーサイドまで流れ、ガエル・クリシーがエリア付近左でボールを拾う。相手DFとの1対1を制して右足を振り抜くと、グラウンダーのシュートがゴール右隅に決まった。

 さらにマンチェスター・Cは62分、カウンターからケヴィン・デ・ブライネがスターリングにスルーパス。飛び出してきたGKをかわそうとしたドリブルは阻まれたが、こぼれ球をアグエロが右足で豪快に蹴り込み、リードを2点に広げた。

 反撃したいバーンリーは70分、左CKの流れからゴール前で混戦となる。最後はベン・ミーが右足で放ったシュートがクロスバーに当たりながらゴールラインを割り、1点差に詰め寄った。

 試合はこのままマンチェスター・Cが逃げ切り、2-1で勝利。前半で退場者を出して数的不利となったマンチェスター・Cだったが、貴重な勝ち点3を積み上げた。

 次節、マンチェスター・Cは15日に敵地でエヴァートンと、バーンリーは14日にホームで日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 2-1 バーンリー

【得点者】
1-0 58分 ガエル・クリシー(マンチェスター・C)
2-0 62分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
2-1 70分 ベン・ミー(バーンリー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る