2016.12.28

キャラガー氏、クロップ監督にハート獲得を提案 古巣のGK陣に苦言

キャラガー氏はリヴァプールのGKを痛烈に批判した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 現役時代にリヴァプールで活躍した元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏が古巣のGKに苦言を呈し、トリノに所属するイングランド代表GKジョー・ハートを獲得するよう提言した。イギリス紙『デイリーメール』が28日に伝えている。

 昨シーズンはプレミアリーグ34試合に出場し、リヴァプールの正守護神を務めていたベルギー代表GKシモン・ミニョレ。しかし、今シーズンはここまでリーグ戦7試合の出場に留まっており、新加入のドイツ人GKロリス・カリウスと出場機会を分け合っている状況だ。

 一方のカリウスについても、今夏に加入して以降、失点に直結した2回のミスを含め不安定なプレーを見せており、ユルゲン・クロップ監督からの信頼を得ているとは言い切れない。そのため、悲願のリーグ制覇を狙うリヴァプールにとって、GK陣のパフォーマンスは不安材料の一つとなっている。

 この件に関して、キャラガー氏はジョー・ハートの獲得をクロップ監督に提言したうえで、同クラブのGK陣について言及している。

 同氏はイギリスメディア『スカイスポーツ』に対し、「リヴァプールはGKに問題がある。これは個人のことを言っているのではない。ミニョレでは不十分だったからカリウスを獲得したのだが、彼もまた不十分のようだ」とコメント。両GKを痛烈に批判した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る