2016.12.26

クロップ監督、年末年始7日間で3試合の過密日程に「不可能ではない」 

リヴァプールを率いるクロップ監督は、過密日程に自信を見せた [写真]=Liverpool FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、年末年始の連戦に向け意気込みを語った。26日付のイギリス紙『デイリーミラー』が伝えた。

 リヴァプールは27日にプレミアリーグ第18節ストーク戦、31日に第19節マンチェスター・C戦、年が明けて1月2日に第20節サンダーランド戦と、年末年始7日間で3試合を戦わなければならない。首位チェルシーと勝ち点6差の2位につける同クラブにとって、マンチェスター・Cとの試合を含めた3連戦は厳しいスケジュールだが、クロップ監督はこの日程に全く動じていないようだ。

 クロップ監督は「困難だが、決して不可能な事ではない。そして不可能でない限り、私は戦う準備をする。異なる状況を上手く切り抜けたチームが最後に勝利を手にするんだ」と話し、過密日程での戦いに自信を見せた。

 また、同監督は「27日と31日の試合に関しては大丈夫だが、唯一の問題はシティ戦の44時間後にあるサンダーランドとの試合だ」と語り、対処すべき点についても言及している。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る