2016.12.17

エヴァートン、イングランド人3選手と契約延長…35歳バリーは2018年まで

契約延長に至った(左から)ベインズ、バリー、ホールゲイト [写真]=Everton FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エヴァートンは16日、元イングランド代表MFギャレス・バリー、同代表DFレイトン・ベインズ、U-21同代表DFメイソン・ホールゲイトの3名との契約延長をクラブ公式サイトで発表した。

 現在35歳のバリーは契約を2018年6月まで延長。2014年夏にマンチェスター・Cから加入し、今シーズンはここまでプレミアリーグ14試合出場2ゴールを記録している。「ただ単に契約を延ばしたわけではない。ここでのフットボールを楽しんでいるからサインしたんだ。調子は本当にいいよ。35歳だけど、それはただの数字。ピッチに出たら自分が35歳だなんて感じないよ」とコメントした。

 クラブ10シーズン目を迎えた32歳のベインズは、2019年6月までの新契約を締結。2007年の加入以来、351試合に出場しており、今シーズンはプレミアリーグで10試合に出場し、1ゴールを挙げている。「僕のキャリアの大半はエヴァートンで過ごしている。今回の契約以降もそれが続いてほしいと願っているよ。ずっとエヴァートンと関わっていたいと思う。これほど長くこのクラブでプレーしていることは大きな名誉だ」とクラブ愛を語った。

 昨年夏にバーンズリーから移籍した20歳のホールゲイトは、8月13日に行われた今シーズンのリーグ開幕節トッテナム戦で先発に大抜擢され、プレミアリーグデビューを果たした。今シーズンはトップチームの公式戦で6試合に出場。新契約は2021年6月まで。「正直に言うと、今シーズンはちょっと目まぐるしいほどだよ。この状況を予想していなかったけど、本当に楽しんでいる。もっと経験を積んでいきたい。トップチームに参加することで、僕の自信はさらに大きくなってきた。今はチームに慣れてきたし、このグループの一員だと自覚している」と今後の活躍を誓った。

 エヴァートンは19日に行われるプレミアリーグ第17節で、リヴァプールをホームに迎えて“マージーサイド・ダービー”に臨む。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る