FOLLOW US

イブラを巡って舌戦勃発!モウリーニョの指摘にオーウェンが巧みな切り返し

モウリーニョ監督(左)とオーウェン氏(右)の間で舌戦が勃発した [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督と元イングランド代表FWのマイケル・オーウェン氏が、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチを巡って舌戦を繰り広げた。14日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 事の発端はオーウェン氏の発言だった。イギリスメディア『BTスポーツ』で解説者を務めるオーウェン氏は先日、マンチェスター・Uが今夏に35歳のイブラヒモヴィッチを獲得したことについて、「短期的な解決策にすぎない」と述べたのだ。

 すると、『BTスポーツ』のインタビューを受けたモウリーニョ監督は、オーウェン氏の選手時代の成績を持ちだして反論。「ズラタンは1シーズンで、オーウェン氏がマンチェスター・Uで過ごした3シーズンの総ゴール数を上回るだろうね。オーウェン氏は3シーズンで計17ゴールだ。ズラタンはたった半年でその数字に並ぼうとしている。だから彼を獲得したのは悪い選択ではなかったね」と、14日のプレミアリーグ第16節クリスタル・パレス戦で今シーズンの公式戦14ゴール目を決めたエースの存在価値を強調した。

 すると、今度はオーウェン氏が反撃。「監督という人種は怒りっぽいものだね」と返答すると、「私は、ズラタンの獲得は長期的に考えた補強ではないと言ったのさ。ちょうどロビン・ファン・ペルシーを獲得した時のように、1、2年だけを見越して獲得した戦力ってことだよ。でもマンチェスター・Uは、いつか次のウェイン・ルーニーを見つけなければならない。18、19歳ぐらいの有望な選手を獲得するか、自前で輩出するかしないとね」と自身の発言の真意を説明した。

 さらにオーウェン氏は、モウリーニョ監督に指摘されたゴール数に関して、「私のゴールの方がマンチェスター・Uにとって価値があると思う。なぜなら私の給料はズラタンの週給の10パーセント程度だったからね」と冗談を交えながら回答。モウリーニョ監督の鋭い指摘にも動じることなく、巧みな切り返しを披露している。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO