FOLLOW US

レスター、ボーンマスに敵地で完封負け…岡崎は後半開始から出場も不発

ボーンマス戦に途中出場した岡崎(左) [写真]=AMA/Getty Images

 プレミアリーグ第16節が13日に行われ、ボーンマスと日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターと対戦した。

 12位のボーンマスが14位のレスターをホームに迎えての一戦。ホームのボーンマスは、今夏アーセナルからレンタル移籍で加入したイングランド代表MFジャック・ウィルシャー、同じくチェルシーからレンタル移籍してきたU-21オランダ代表DFネイサン・アケらが先発に入った。一方のレスターは、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、前節マンチェスター・C戦でハットトリックを達成したイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディらがスタメンに名を連ねた。岡崎は3試合連続のベンチスタートとなった。

 試合は34分、ボーンマスが先制に成功する。スルーパスでエリア内右に抜け出したアダム・スミスがグラウンダーでマイナスに折り返すと、ベニク・アフォベが右足でシュート。これはGKロン・ロベルト・ツィーラーに防がれたが、こぼれ球をマーク・ピューが右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。試合はこのままボーンマス1点リードで折り返す。

 1点を追うレスターは、後半開始から交代カードを切る。先発出場していたイスラム・スリマニに代えて岡崎を投入した。

 レスターは74分、右CKからマフレズが左足でクロスを供給。ファーサイドでロベルト・フートが頭で合わせたが、わずかにゴール左に逸れた。

 さらに76分には、岡崎にシュートチャンス。センターサークル付近で相手からボールを奪うと、ドリブルでエリア付近中央まで運ぶ。パスの選択肢もあったが、思い切りよく右足を振り抜いた。ボールは枠を捉えることができず、ゴール右に外れた。

 レスターは、74分にアーメド・ムサ、82分にはレオナルド・ウジョアと、攻撃的な選手を立て続けにピッチに送り込んだが、最後まで同点ゴールを挙げることはできず。試合は1-0でボーンマスが勝利を収めた。

 次節、ボーンマスは18日にホームで日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと、レスターは17日に敵地でストークと対戦する。

【スコア】
ボーンマス 1-0 レスター

【得点者】
1-0 34分 マーク・ピュー(ボーンマス

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA