2016.12.12

プレミア初得点のマンUムヒタリアン、足首負傷で2試合欠場のおそれ

ムヒタリアン
ムヒタリアン(左)は先制点を奪ったものの、後半に負傷交代していた [写真]=Man Utd via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが足首を負傷し、数試合を離脱する可能性があるようだ。イギリス紙『デイリーメール』が12日に報じた。

 ムヒタリアンは11日に行われたプレミアリーグ第15節トッテナム戦に先発出場すると、29分にリーグ初得点となるシュートを決め、チームに先制点をもたらした。しかし、同選手は後半、トッテナムのイングランド代表DFダニー・ローズからタックルを受け負傷。結局85分にコートジボワール代表DFエリック・バイリーと交代し、ピッチを後にしていた。

 報道によると、ムヒタリアンは足首を負傷していて、14日の次節クリスタル・パレス戦と17日の第17節ウェスト・ブロムウィッチ戦を欠場する見込みだという。

 また、マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は「彼のケガはそこまでひどくないようだ。“ボクシングデー”(12月26日)には戻ってくるだろう」と話し、同選手のケガが軽傷であることを強調した。

 なお、試合はムヒタリアンのゴールが決勝点となり、マンチェスター・Uが1-0でトッテナムを下している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る