2016.12.12

リヴァプール、ウェストハムとドロー…首位との勝ち点差は6に広がる

オリジ
オリジ(左)のゴールで同点に追いついたリヴァプールだが、逆転は叶わず [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第15節が11日に行われ、リヴァプールとウェストハムが対戦した。

 リヴァプールは前節、ボーンマスに3-4と逆転負けを喫して3位に転落したばかり。今節は首位チェルシー、2位アーセナルともに勝利を収めており、なんとしても勝ち点3が欲しい一戦となる。ウェストハムはトッテナム、マンチェスター・U、アーセナルと厳しい対戦カードが続いていた。前節はアーセナルに1-5の大敗を喫しており、立て直しを図りたいところだ。

 試合はすぐに動いた。5分、リヴァプールのサディオ・マネが左サイドからクロスを上げると、エリアでアダム・ララーナがトラップして左足を振り抜く。これがゴール右に決まってリヴァプールがいきなりリードを奪った。

 しかしウェストハムも黙ってはいない。27分、遠目の位置からのフリーキックをディミトリ・パイェがゴール左下に突き刺し、試合を振り出しに戻す。

 さらに39分、ウェストハムが自陣の右サイドから前線へ低弾道の浮き球を送ると、クリアしようとしたジョーダン・ヘンダーソンの頭に当たって軌道が変わり、裏へ抜け出していたマイケル・アントニオのもとへ。GKロリス・カリウスとの一対一の局面で冷静にアントニオが流し込み、ウェストハムが逆転に成功した。

 逆転を許したリヴァプールは前半アディショナルタイム3分、右CKにジョエル・マティプが頭で合わせたが、バーに直撃してチャンスを逃す。しかし後半に入った直後の48分、左サイドでボールを持ったマネがクロスを上げると、GKダレン・ランドルフが処理しきれず、こぼれたところをディヴォック・オリジが押し込んだ。リヴァプールが再び同点に持ち込む。

 勝利がほしいリヴァプールはその後も攻め続けた。50分、エリア手前でボールをキープしたマネがディフェンスを引きつけてエリア内にパス。受けたジョルジニオ・ワイナルドゥムは左足を振り抜いたが、枠外。同選手は62分にも左サイドに抜け出して単独でシュートに至ったが、枠を捕えることができない。70分にはヘンダーソンが強烈なミドルシュートを放つが、GKランドルフの好守に阻まれた。

 そのまま試合は終了し、試合は2-2の引き分けに終わった。この結果、リヴァプールと首位チェルシーの勝ち点差は「6」に広がっている。次節はリヴァプールがアウェーでミドルスブラ、ウェストハムがホームでバーンリーと対戦する予定だ。

【スコア】
リヴァプール 2-2 ウェストハム

【得点者】
1-0 5分 アダム・ララーナ(リヴァプール)
1-1 27分 ディミトリ・パイェ(ウェストハム)
1-2 39分 マイケル・アントニオ(ウェストハム)
2-2 48分 ディヴォック・オリギ(リヴァプール)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る