2016.12.11

「選手に不満は言わない」…4失点のマンC、指揮官はレスターを称賛

グアルディオラ
レスターに敗れたマンチェスター・Cのグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第15節が10日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとマンチェスター・Cが対戦した。敵地に乗り込んだマンチェスター・Cは、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディにハットトリックを許すなど、大量4失点。打ち合いの末、2-4と敗れた。

 今シーズンのプレミアリーグで最多となる4失点を喫して敗れたマンチェスター・C。試合後、ジョゼップ・グアルディオラ監督が感想を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 グアルディオラ監督は「我々が欲していた試合ではなかった。それは確かだ。(開始)4分(実際は5分)で2点をリードされる試合は、簡単なものではない。レスターはカウンターアタックとセカンドボール(への反応)がとても良く、守備も素晴らしかった」と、レスターを称えた。

 マンチェスター・Cは前節のチェルシー戦(1-3)に続く敗戦で、公式戦3試合勝ちなしとなった。首位アーセナルと4ポイント差で、11日にウェスト・ブロムウィッチと対戦するチェルシーが勝利を収めた場合、7ポイント差をつけられることとなる。

 グアルディオラ監督は「今は立ち上がって、何が起きたのかを分析する必要がある。選手たちが前進できるよう、メンタル面で自信をつけることが必要だ。サッカーは良いことと悪いこと、そしてミスから成り立っている。選手たちに不満を言うことはないよ。勝ち点を取りこぼしているから、できる限り早く変化をする必要がある」と、選手たちへの信頼を強調しつつ、奮起を誓っている。

 マンチェスター・Cは次節、14日にワトフォードをホームに迎える。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る