2016.12.10

食事会でも“ペップ節”…今冬マンC加入の19歳ジェズスが禁止されたこととは?

今冬マンチェスター・Cに加入するブラジル代表G・ジェズス [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 来年1月にマンチェスター・Cに加入するブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスにが、同クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督に禁止されたことを明かした。9日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 現在19歳のG・ジェズスは、2013年にパルメイラスの下部組織に加入。2015年にトップチームデビューを果たし、公式戦67試合出場で26ゴールを記録した。さらに、リオデジャネイロ・オリンピックに出場するブラジル代表メンバーに選出され、金メダル獲得に貢献。また、五輪後にはブラジルのA代表にも初選出され、2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選で6試合5ゴールと活躍している。

 今夏、複数のビッグクラブからの関心が報じられていたG・ジェズス。8月、2020-21シーズンまでの契約期間でマンチェスター・Cに完全移籍することが決定し、来年1月から加入することが決まっていた。

 同選手は今月、マンチェスターを訪れて3日に行われたプレミアリーグ第15節チェルシー戦を観戦。グアルディオラ監督やブラジル代表MFフェルナンジーニョ、同国人MFフェルナンドらと食事も楽しんだようだ。

 同紙によると、食事会でG・ジェズスはレストランでビンのコカ・コーラを注文。グアルディオラ監督に注意されたようで、「彼(グアルディオラ監督)に、『コカ・コーラを飲んじゃいけないね』と言われたんだ」と、エピソードを明かした。

 今夏にマンチェスター・Cに加入したグアルディオラ監督は、同クラブの様々なルールを刷新。食事制限や練習場での携帯禁止、ユース選手たちのスパイクの色に至るまで統一しているようだ。加入前の選手とはいえ、G・ジェズスは早くも“ペップ節”の洗礼を受けたようだ。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る