2016.12.10

レスターで出場減のFWウジョア、今冬の退団を検討「プレーしていたい」

ウジョア
レスター退団を検討するFWウジョア [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのアルゼンチン人FWレオナルド・ウジョアが、今冬の退団を検討していることが明らかとなった。9日、地元紙『レスター・マーキュリー』が報じている。

 2014年7月に、当時のクラブレコードである移籍金1000万ポンド(約14億円)で、ブライトンからレスターに加わったウジョア。昨シーズンはクラブ史上初のプレミアリーグ制覇を経験したチームにおいて、29試合に出場して6ゴールをマークした。

 しかし今シーズン、アルジェリア代表FWイスラム・スリマニやナイジェリア代表FWアーメド・ムサなど新戦力が加入した中で序列が低下。ここまでのリーグ戦におけるプレー時間はわずか92分間にとどまっている。

 同紙によると、クラブで苦闘するウジョアは「いつでもプレーしていたい。もしここで十分な時間が得られないのであれば、別のチームを探す必要がある。これは僕にとって難しい決断だ。チームや監督のために、移籍市場が開くまでは待つけどね」とコメント。このままの状況が続けば、次の移籍市場で出場機会を求めて退団する意向を示した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る