2016.12.05

イブラの長距離砲が炸裂も…マンU、終了間際にPK弾浴び3戦未勝利

イブラヒモヴィッチ
先制点となる長距離弾を決めたイブラヒモヴィッチ [写真]=Man Utd via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第14節が4日に行われ、エヴァートンとマンチェスター・Uが対戦した。

 マンチェスター・Uは42分、自陣からアントニー・マルシャルがロングボールを出す。これに反応したイブラヒモヴィッチは、飛び出してきたエヴァートンのGKマールテン・ステケレンブルフの頭上を超える柔らかい軌道のシュートを放った。バーに直撃してバウンドした後、今度は右ポストに当たって1度はゴールから遠ざかったが、回転がかかっていたボールはバウンドしつつラインを超えた。DFラミロ・フネス・モリが決死の戻りでクリアしていたが、得点が認められてマンチェスター・Uが先制する。

シュートの行方を見守るイブラヒモヴィッチ(中央)と、飛び出したGKステケレンブルフ(右)[写真]=AMA/Getty Images

シュートの行方を見守るイブラヒモヴィッチ(中央)と、飛び出したGKステケレンブルフ(右)[写真]=AMA/Getty Images


フネス・モリ

エヴァートンのフネス・モリがクリアするが、ゴールが認められた [写真]=Getty Images

 しかし後半に入ると、エヴァートンが反撃。53分、ロメル・ルカクとのコンビネーションでエリア右に抜け出したケヴィン・ミララスが強烈な右足のシュートを放つが、GKダビド・デ・ヘアがなんとか右腕で弾き返して難を逃れる。マンチェスター・Uも60分にアンデル・エレーラの左足ボレーが左ポストを叩くなど、チャンスを逸して試合を決めきれない。

 すると試合終盤の89分にエヴァートンが追いついた。イドリッサ・ゲイェがマルアン・フェライニにエリア内で倒されてPKが与えられると、レイトン・ベインズがこれを左隅へ決めて同点。土壇場でマンチェスター・Uの白星が遠のいた。

ベインズ

ベインズのPKが決まって、エヴァートンが終了間際に追いつく [写真]=AMA/Getty Images

 そのまま試合は1-1のドローで決着し、両者勝ち点1を手にした。3試合連続で引き分けとなったマンチェスター・Uは前節と変わらず6位、エヴァートンは1つ順位を下げて8位となっている。次節、エヴァートンがアウェーでワトフォードと、マンチェスター・Uがホームでトッテナムと対戦する。

【スコア】
エヴァートン 1-1 マンチェスター・U

【得点者】
0-1 42分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(マンチェスター・U)
1-1 89分 レイトン・ベインズ(PK)(エヴァートン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る