2016.12.04

途中出場の岡崎が今季2点目も…レスターは最下位サンダーランドに敗れる

岡崎慎司
今季2ゴール目を決めた岡崎慎司 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第14節が3日に行われ、サンダーランドと日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが対戦した。岡崎は7試合ぶりのベンチスタートとなった。

 前節、14位のレスターは15位のミドルスブラと対戦。相手に先行される展開となったが、後半アディショナルタイムにFWイスラム・スリマニがPKを決め、辛くもドローに持ち込んだ。一方、サンダーランドは11、12節で連勝を飾ったものの、前節は2位リヴァプールに完封負け。勝ち点8で最下位に沈んでいる。両チームともになんとしても勝ち点3がほしい試合となった。レスターのクラウディオ・ラニエリ監督は、前節のスタメンから岡崎を代え、スリマニをFWジェイミー・ヴァーディの相棒に据えた。

 序盤からチャンスを作ったのはホームのサンダーランド。4分、左サイドからの折り返しを受けたヴィクター・アニチェベがダイレクトシュートを放ったが、ここはレスターDFがなんとかブロックした。

 なかなかシュートまで持ち込めないレスター。24分、左サイドのクリスティアン・フクスがアーリークロスを入れると、ヴァーディがヘディングで合わせたが、ここはわずかに枠の右に外れた。このまま0-0のスコアレスでハーフタイムを迎えた。

 レスターは55分、左サイドを突破したマーク・オルブライトンがマイナスの折り返し。ヴァーディがスルーし、スリマニがダイレクトシュートを狙ったが、ここはGKジョーダン・ピックフォードに防がれてしまった。

 すると64分、ホームのサンダーランドが先制する。右CKを獲得すると、途中出場のヤン・キルヒホフが放ったヘディングシュートがロベルト・フートに当ってゴールネットを揺らした。

ヤン・キルヒホフ

オウンゴールを誘ったキルヒホフ(右から2人目) [写真]=Getty Images

 リードを許したレスターは69分にスリマニを下げて岡崎を投入。73分にはオルブライトンとリヤド・マフレズを下げ、アーメド・ムサとデマレイ・グレイを投入して反撃に出る。

 しかし、次の得点を挙げたのは再びサンダーランド。77分、左サイドのアニチェベがエリア内のダンカン・ワトモアへパスを送る。ワトモアがシュートを放つと、DFに当たった跳ね返りをジャーメイン・デフォーがダイレクトシュート。これがゴール右下に決まり、サンダーランドが追加点を奪った。

 レスターは厳しい状況に立たされたが、すぐさま反撃に出る。81分、左サイドを突破したグレイがニアに速いクロスを入れる。これを走り込んだ岡崎が合わせ、レスターが1点差に迫った。岡崎にとっては今シーズン2ゴール目となった。

岡崎慎司

岡崎はニアに走り込んで、1点差に迫るゴールを決めた [写真]=Getty Images

 その後もレスターは同点ゴールを目指して攻め込んだが、結局追いつくことはできず、1-2でサンダーランドに敗れた。これでレスターは今シーズン7敗目となった。一方、サンダーランドは2試合ぶりの勝利で最下位を脱出した。

 次節、サンダーランドは敵地でスウォンジーと、レスターはホームでマンチェスター・Cと対戦する。

【スコア】
サンダーランド 2-1 レスター

【得点者】
1-0 64分 オウンゴール(ロベルト・フート)(サンダーランド)
2-0 77分 ジャーメイン・デフォー(サンダーランド)
2-1 81分 岡崎慎司(レスター)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る