2016.12.02

高さ34mから落下するボールをコントロール ウォルコット、ギネス記録を樹立

ウォルコット
ギネス記録を樹立したアーセナルFWウォルコット[写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルに所属するイングランド代表FWセオ・ウォルコットが、ギネス記録を樹立した。1日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 同紙によると、ギネス記録樹立に向けて、ウォルコット、フランス代表DFローラン・コシェルニー、元スペイン代表DFナチョ・モンレアル、フランス人MFフランシス・コクランのアーセナル所属の4選手が挑戦。臨んだのは、「高さ34メートルから落ちてくるボールを地面に落とさずに5タッチする」というもので、それまでの記録は32メートルだったという。

 コシェルニー、モンレアル、コクランが挑戦したが、3選手はいずれも失敗。4人目の挑戦となったウォルコットは、落下してきたボールを右足のインサイドで柔らかく浮かせると、その後に両足を使ってリフティングを続け、ギネス記録樹立に成功した。

 ウォルコットは、スポークスマンを務めるプラヴィン・パテル氏からその場でギネス記録を認定された。パテル氏は「4人のトップレベルのサッカー選手が、挑戦するために快晴の朝に集まってくれたことは素晴らしいことだ。セオ(ウォルコット)がこの記録を上手く破ってくれた」と、4選手を称えた。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る