2016.12.01

ボトル蹴って退場のモウリーニョ、1試合ベンチ入り禁止と230万円の罰金処分

EFL杯5回戦ウェストハム戦をスタンドから観戦したモウリーニョ監督(左) [写真]=Man Utd via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イングランドサッカー協会(FA)は11月30日、マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督に対する処分を、同協会公式サイトで発表した。

 モウリーニョ監督は11月27日に行われたプレミアリーグ第13節のウェストハム戦で通算14度目の退席処分を受けた。同試合27分に、フランス代表MFポール・ポグバがシミュレーションの判定でイエローカードを受けた後、激怒したモウリーニョ監督がピッチ脇のボトルを蹴り上げ、主審から退席を命じられていた。

 これに対してFAは、1試合のベンチ入り禁止処分と1万6000ポンド(約230万円)の罰金を科したことを発表。同監督は処分により、発表同日に行われたフットボールリーグ・カップ(EFL)カップ準々決勝のウェストハム戦は、観客席から見守った。
 

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る