2016.11.30

ひざ負傷のFWキャロル、マンU戦で8月以来の実戦復帰か 監督が明かす

キャロル
チームを率いるビリッチ監督が、キャロルの実戦復帰を示唆した [写真]=West Ham United via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ウェストハムを率いるスラヴェン・ビリッチ監督が、イングランド代表FWアンディ・キャロルの復帰を示唆するコメントを残した。イギリス紙『デイリーメール』が30日に報じている。

 ひざの負傷で長期離脱を強いられていたキャロルは、11月に入りトレーニングに復帰。30日に行われるフットボールリーグ・カップ(EFLカップ)5回戦マンチェスター・U戦のメンバーに招集されたことで、8月以来の戦列復帰が期待されている。
 
 この件に関してビリッチ監督は「キャロルにとって20分か30分の出場がちょうど良いだろう」と語り、同選手の復帰をほのめかした。さらに「我々にとって土曜日のアーセナル戦は重要だ。選手を温存する余裕はない」と続け、12月3日に行われるプレミアリーグ第14節アーセナル戦での起用についても示唆している。

 ウェストハムは現在、13節を終えてリーグ16位と低迷。キャロルの復帰が実現すれば、クラブにとって状況がプラスに転じるきっかけとなるはずだ。

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る