2016.11.28

X・アロンソ、元同僚ジェラードのコーチ業について「急ぐ必要ない」

X・アロンソ
ジェラード(左)の引退後について、かつてリヴァプールでともにプレーしたX・アロンソ(右)がコメントした [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンに所属する元スペイン代表MFシャビ・アロンソが、現役を引退した元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードのコーチ業に関してコメントを残した。イギリス紙『デイリーミラー』が28日に伝えた。

 かつてリヴァプールでジェラードとともにプレーし、2004-05シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)制覇を経験したX・アロンソ。同選手はジェラードについて、現役引退後すぐに指導者のキャリアをスタートさせるべきではないと考えているようだ。

 X・アロンソは「指導者の道を急ぐ必要はない。彼は少し休むべきだ」と語り、まだ時間が必要であることを説明した。さらに、同選手は「彼がリヴァプールで戦い続けたことは、彼の選手人生をより素晴らしいものにしたよ」と続け、ジェラードのリヴァプール愛を称賛した。

 ジェラードは24日に現役引退を表明。18年間の選手生活に終止符を打った同氏には、発表から今日に至るまで、その功績に数多くの選手から称賛の声が寄せられている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る