2016.11.27

岡崎のオーバーヘッドはバー直撃も…レスターは土壇場PK弾で辛くもドロー

岡崎慎司
ミドルスブラ戦に先発出場した岡崎慎司(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第13節が26日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとミドルスブラが対戦した。岡崎は2トップの一角で先発出場している。

 レスターは前節のワトフォード戦に敗れ、今シーズン6敗目を喫した。順位も14位と、優勝した先シーズンとは打って変わって困難なリーグ戦となっている。一方、初出場のチャンピオンズリーグ(CL)では首位通過を決め、快進撃を続けている。今節はホームでしっかりと勝ち点3を奪い、CLの勢いをリーグにもつなげたいところだ。なお、出場停止のMFダニー・ドリンクウォーターの代役は、MFアンディ・キングが務める。

 先制したのはミドルスブラ。13分、左サイドをガストン・ラミレスがドリブルで突破すると、中央への折り返しをアルバロ・ネグレドが左足ダイレクトシュート。カーブのかかったボールがゴール右上に決まり、ミドルスブラがリードを奪った。

 1点を追うレスターはなかなか決定機まで持ち込めない。30分、右サイドのリヤド・マフレズがドリブルでエリア内に進入し、相手を引きつけて右足クロス。ゴール前の岡崎がオーバーヘッドで狙ったが、ここは惜しくもクロスバーを直撃。得点にはつながらなかった。

 しかし、直後の35分にビッグチャンスが訪れる。FKのセカンドボールを拾ったダニー・シンプソンがアーリークロスを入れると、ミドルスブラのカラム・チェンバースがエリア内でハンド。レスターにPKが与えられた。キッカーのマフレズが確実に右へ沈め、レスターが同点に追いついた。

 さらにレスターにチャンスが続く。42分、左サイドからのスローインを受けたマフレズが胸で岡崎へパス。岡崎が巧みなコントロールでエリア内左に進入すると、ゴール前のジェイミー・ヴァーディへラストパス。しかし、ここはわずかに短く、惜しくもDFにカットされてしまった。このまま1-1でハーフタイムを迎えた。

 レスターは65分、ヴァーディを下げてイスラム・スリマニを投入。68分にはマフレズを下げてアーメド・ムサを投入した。

 しかし、72分にミドルスブラがワンチャンスをものにする。ロングボールに抜け出したネグレドが冷静にゴール左下に決め、ミドルスブラが勝ち越しに成功した。

 再びリードを許したレスターは、76分に岡崎を下げてデマレイ・グレイをピッチに送り込んだ。後半アディショナルタイム2分にはダニエル・アマーティが決定機を迎えたが、シュートは枠を捉えられず。しかし、直後の後半アディショナルタイム3分、パワープレーで上がっていたウェズ・モーガンがエリア内で倒されてPKを獲得。これをスリマニがしっかりと決め、レスターが土壇場で追いついた。試合はこのまま2-2の引き分けに終わった。なお、岡崎は76分まで出場した。

 次節、レスターは敵地でサンダーランドと、ミドルスブラはホームでハルと対戦する。

【スコア】
レスター 2-2 ミドルスブラ

【得点者】
0-1 13分 アルバロ・ネグレド(ミドルスブラ)
1-1 35分 リヤド・マフレズ(PK)(レスター)
1-2 71分 アルバロ・ネグレド(ミドルスブラ)
2-2 90+4分 イスラム・スリマニ(PK)(レスター)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る