2016.11.25

現役引退のジェラードへ、リヴァプールのクロップ監督「扉は開かれている」

ジェラードとクロップ
2015年、リヴァプールのトレーニングに参加したジェラード(左)と談笑するクロップ監督(右) [写真]=Liverpool FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 24日に現役引退を表明した元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードについて、古巣であるリヴァプールのユルゲン・クロップ監督がコメントした。スペイン紙『マルカ』が報じている。

 クロップ監督はまず、「彼の次のステップについて興奮しすぎるのはやめよう。人生において、何か新しいものを学ぶには時間が必要だ」とコメント。その上で、「扉は常に開かれている。もし彼が望むならば、私はその意思を尊重するよ。もし彼が(コーチとしての)キャリアを積み上げたいのならば、我々はその手助けをしたい」と続け、ジェラードが指導者としてリヴァプールに復帰する可能性を除外しなかった。

 リヴァプールで多くのファンのハートをつかんできたジェラードだが、2014-15シーズン限りで同クラブを退団しMLS(メジャーリーグ・サッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーへと移籍。15日にロサンゼルス・ギャラクシーがジェラードの今シーズン限りでの退団を発表してからは、その去就に注目が集まっていた。彼がアンフィールドに帰還する日は、果たして訪れるのだろうか。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る