2016.11.17

酩酊状態のルーニー、一般人に写真撮られる…代理人が謝罪の声明を発表

スコットランド戦後の祝勝パーティで酩酊状態になったFWルーニー [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、スコットランド代表との試合後に行われた祝勝パーティーで酩酊状態となっているところを一般人に目撃され、写真を撮られた。イギリス紙の『デイリーメール』や『サン』など複数メディアが16日付で伝えている。

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選が11日に行われ、イングランド代表はスコットランド代表とホームで対戦した。試合はイングランド代表が3-0で勝利し、グループFの首位に立っている。

 英国ダービーで快勝を飾った後、ルーニーはイングランド代表のチームメイトたちとワトフォードにある「ザ・グローブ・ホテル」で祝勝パーティーを開催。ただパーティーで盛り上がりすぎたらしく、ビールや赤ワインを飲んで酔っぱらったルーニーは結婚式の前夜パーティーにも招かれ、夜中12時から朝5時までホテルで飲み明かしていたようだ。

 代表のジャージを着用したまま泥酔していたルーニーと写真を撮った一般人は、「彼(ルーニー)はまともに話せていなかった。コメディアンのように倒れていた。あれがイングランド代表キャプテンだとは誰も信じないだろうよ」と語っている。

 また、ホテルの関係者は「彼は騒動を起こし、早口で何か話していた。よろめいたり躓いたり、会話もままならなかった」と酩酊状態のルーニーについてコメントしている。

 ルーニーは代理人を通してファンに謝罪。16日、代理人は「ウェイン(・ルーニー)がファンと撮った写真について謝罪したい。選手とスタッフ全員に休暇が与えられていた日だったものの、彼のポジションを考慮すれば不適切な行為だったと彼自身も認識している。すでにガレス・サウスゲート監督と(FAのテクニカルディレクターを務める)ダン・アッシュワース氏には心から謝罪をした。問題となっている写真を見た若いファンたちにも謝りたい」と公式声明を発表している。

 ルーニーはスコットランド代表戦後の検査でひざを負傷していたことが判明し、15日に行われたスペイン代表との国際親善試合を欠場している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る