2016.11.15

1月の移籍市場で放出も…モウリーニョ政権下で輝けないマンUの5選手とは

チェルシー相手に大量失点した際のマンチェスター・U [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ジョゼ・モウリーニョ監督を迎えたマンチェスター・Uは今シーズン、プレミアリーグで5勝3分け3敗の6位につけている。シーズンの序盤を経過したところだが、1月には冬の移籍市場が開幕し、新戦力の獲得を行える時期となる。そこで14日付のイギリス紙『デイリーミラー』は、マンチェスター・Uで放出候補となっている5選手を列挙した。

 まず名前が上がったのは、オランダ代表FWメンフィス・デパイ。同選手は昨夏、当時の指揮官ルイ・ファン・ハール氏に招かれ、マンチェスター・Uへ加入した。しかし、昨シーズンのプレミアリーグでわずか2得点。さらにジョゼ・モウリーニョ監督が就任した今シーズンは、リーグ戦わずか4試合20分間のプレーにとどまっており、ノーゴールが続いている。最近ではエヴァートンからの関心が伝えられた。

ノーゴールが続いているFWデパイ [写真]=Getty Images

ノーゴールが続いているFWデパイ [写真]=Getty Images

 続いて放出候補に名を連ねたのは、アルゼンチン代表DFマルコス・ロホ。今夏の移籍市場でも退団が噂されていた同選手は、マンチェスター・Uへの残留を決断したものの、リーグ戦出場はわずか3ゲームとなっており、十分な働きをしているとは言えない状況にある。

 また、ロホと同じ守備陣からは、イングランド代表DFフィル・ジョーンズも放出候補となった。同選手は昨シーズンから度重なるケガに悩まされており、今シーズンもひざの内側側副じん帯を負傷し、一時期戦列を離れていた。ここまではリーグ戦1試合に出場している。

 また、今月になってファーストチームの練習へ復帰したことが伝えられた元ドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーも、退団が考えられている。モウリーニョ監督は同選手の「練習に取り組む高いプロ意識」を評価するコメントを残していたが、今シーズンの公式戦で未だにプレー機会が与えられていない。

トップチームで練習するシュヴァインシュタイガー(右) [写真]=Getty Images

トップチームで練習するシュヴァインシュタイガー(右) [写真]=Getty Images

 デイヴィッド・モイーズ監督(現サンダーランド指揮官)時代からクラブに在籍するベルギー代表MFマルアン・フェライニも、放出候補に挙がっている。同選手は今回報じられた5名の中で最も多いリーグ戦9試合への出場を果たしているが、退団の可能性が伝えられた。現在フェライニはふくらはぎに軽傷を負っており、今月の2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選に臨むベルギー代表から離脱している。

 約1カ月半後に開かれる冬の移籍市場ではどんな展開を見せるのか。注目が集まる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る