FOLLOW US

アーセナル、エジルとの契約延長が目前に A・サンチェスとの交渉は長期化も

アーセナルが契約延長を目指しているエジル(左)とA・サンチェス(右) [写真]=AMA/Getty Images

 アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルが、同クラブとの契約延長に近づいているようだ。一方、チリ代表FWアレクシス・サンチェスとの交渉は長期化する可能性もある模様。イギリス紙『デイリーメール』が8日に報じた。

 報道によると、アーセナルはエジルやサンチェス、そしてスペイン代表DFエクトル・ベジェリンとの契約延長を目指している。ベジェリンとは新たに6年契約を結んだと報じられ、エジルとの新契約締結も合意に迫っているという。

 エジルとアーセナルの現行契約は2018年6月30日までとなっているが、同クラブは週給20万ポンド(約2600万円、年俸換算で約13億5000万円)の5年契約を提示しているという。4日付の同紙も報じていたが、アーセナル側は合意に向けて好感触を得ている模様。新契約締結に近づいているようだ。

 一方、サンチェスとの契約延長交渉は長期化する可能性もあるようだ。今夏の移籍市場ではユヴェントスからの関心を伝えられ、7月上旬の『デイリーメール』は移籍金3000万ポンド(約39億1000万円)のオファー提示を報じていた。アーセナルは放出を拒んだが、今回の報道では「(契約延長)合意に向けた交渉はより複雑なものとなっている」と伝えられている。今後の展開次第では、他クラブへの移籍を模索する可能性もありそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO