2016.11.07

リヴァプールが6発大勝で首位に浮上! マンC、アーセナルは足踏み/プレミア第11節

リヴァプール(左)が首位に浮上。マンチェスター・C(右上)とアーセナル(右下)はドローに終わった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第11節が5日と6日に各地で行われた。

 前節、約1カ月ぶりの勝利を収めた首位マンチェスター・Cはホームにミドルスブラを迎えた。43分にアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロのゴールで先制に成功。このまま逃げ切るかと思われたが、後半アディショナルタイムに同点ゴールを浴び、1-1のドローに終わった。

 マンチェスター・Cと勝ち点で並ぶ2位につけていたアーセナルは、ホームでトッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”に臨んだ。前半にオウンゴールで先制したアーセナルだったが、51分にPKを献上。イングランド代表FWハリー・ケインにきっちりと決められ、そのまま試合は1-1の引き分けのまま終了した。

 上位2チームが敗れ、勝てば首位に浮上するリヴァプールはワトフォードとホームで対戦。セネガル代表FWサディオ・マネの2ゴールなど、圧巻のゴールラッシュで6得点を奪って大勝を収めた。勝ち点を26に伸ばし、単独首位に浮上した。

 また、チェルシーはエヴァートンに5-0と完勝を収め、5連勝で2位に浮上。マンチェスター・Uは元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの2ゴールなどで5試合ぶりの勝利を収めている。

 日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと、同FW岡崎慎司が所属するレスターは、それぞれハルとウェスト・ブロムウィッチに1-2で敗戦。吉田はフル出場、岡崎は前半のみの出場となっている。

 プレミアリーグ第11節の結果は以下のとおり。

■プレミアリーグ第11節
ボーンマス 1-2 サンダーランド
バーンリー 3-2 クリスタル・パレス
マンチェスター・C 1-1 ミドルスブラ
ウェストハム 1-1 ストーク
チェルシー 5-0 エヴァートン
アーセナル 1-1 トッテナム
ハル 2-1 サウサンプトン
リヴァプール 6-1 ワトフォード
スウォンジー 1-3 マンチェスター・U
レスター 1-2 ウェスト・ブロムウィッチ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る