2016.11.03

シュヴァインシュタイガーのトップ復帰理由とは? モウリーニョ「人間的な判断」

シュヴァインシュタイガー
10月31日にトップチームの練習に復帰したシュヴァインシュタイガー(右)[写真]=Man Utd via Getty Images
マンチェスター・ユナイテッド公式日本語版。

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が、元ドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーをファーストチームの練習に復帰させた理由について「人道的な判断」であると明かした。クラブ公式サイトが2日に伝えた。

 シュヴァインシュタイガーは、今シーズンまだ1度も試合に出場していないが、10月31日のトレーニングにはファーストチームに混ざって汗を流す様子が見られた。しかし、ヨーロッパリーグ・グループステージのメンバーリストから外れているため、3日に行われる第4節フェネルバフチェ戦に出場するトルコ行きのメンバーには含まれていない。

 試合前日会見の席でモウリーニョ監督は、シュヴァインシュタイガーをファーストチームの練習に加える決定は先週の木曜にしたもので、本人にはその翌日に伝えたことを明かした。その理由については、ワールドカップ優勝者である同選手はその待遇に値する選手であると感じたこと、そして中盤に負傷者が出た場合のオプションにもなるからであると話した。

「この決定は現状を反映させたものだ。シーズンのこの時期は、全員揃ってトレーニングを行うことが非常に難しい。現在は、試合の翌日はグループに分かれて、それぞれに応じたリカバリーセッションを行っている。23、4人で行うのではなく、13から14人、いや、ケガ人がいることを考慮すると、だいたい10人か11人のグループだ」

「トレーニングに最適な頭数をそろえるために、アカデミーの若手選手を数人呼んだことも何度もある。たとえば今週も、4日のトレーニングではフェネルバフチェ戦でプレーした選手は全体練習には参加しない。それがいつものルーティーンだ」

「バスティアンがフィットネスコーチとともに練習に取り組むプロ意識の高い姿勢を見ていて、彼をファーストチームの練習に呼び戻すことは非常に理にかなった、人間的な判断であると我々は考えた。もしこの先、彼がこのクラブを離れることになっても、その時のためにより良い準備ができるだろうし、ここに残るにしても、試合に向けてより調整ができた状態になるはずだ」

「もうひとつ理由がある。今のところ中盤は問題ないが、もし、現在ディフェンスで抱えているのと同じような負傷者の問題が発生したら、彼は我々にとってのオプションとなる。トレーニングの理想的な人数や方法を考えた上での決定でもあるが、チームにとっての利点もある。よって、両者にとってポジティブだということだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る