2016.11.01

リヴァプール、新守護神カリウスがラグビーの練習? 指揮官が意図を説明

ラグビーの練習で用いるマットを使ってトレーニングをするGKカリウス(左) [写真]=Liverpool FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールに所属するドイツ人GKロリス・カリウスが、特殊なトレーニング法を実施していたようだ。10月31日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 今夏、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツからリヴァプールに完全移籍で加入したカリウス。プレミアリーグ第6節から正GKの座を掴み、5試合連続でフル出場を果たしている。

 同紙によると、カリウスはヨン・アクテルベルグGKコーチとともに、ラグビーの練習で用いるマットを用いてトレーニングをしていたようだ。ユルゲン・クロップ監督によると、この練習はプレミアリーグ特有の激しいフィジカルに対応するためのものだという。

 クロップ監督は「シモン(ミニョレ)も同じことをしたんだ。はじめは技術的なものを学ぶ必要があるが、その後には実際の試合での状況に応じなければならない。6、7人に囲まれたりすることもあるからね」と、練習の意図を説明している。

 現在リーグ戦8試合負けなしと好調で、首位マンチェスター・Cと勝ち点23でぶ3位につけるリヴァプール。次節は11月6日、ワトフォードをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る