FOLLOW US

ルーニーの古巣復帰は実現するか エヴァートン指揮官&主将が歓迎の意思表明

マンチェスター・Uで苦しい時期を迎えているルーニー [写真]=Getty Images

 エヴァートンを率いるロナルド・クーマン監督が、マンチェスター・Uで出場機会を減らしているイングランド代表FWウェイン・ルーニーについて語った。コメントを30日付けのイギリス紙『サン』が伝えている。

 2004年にエヴァートンからマンチェスター・Uに移籍したルーニーは、その後クラブの象徴として10年以上に渡ってプレーを続けてきた。しかし今シーズン、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任すると出場機会が減少。開幕直後こそスタメンを張っていたものの、ここ数試合はベンチが定位置になりつつある。移籍報道も徐々に加熱しており、アメリカや中国など、各国リーグからの注目が集まっている。

 今シーズンからエヴァートンで指揮を執っているクーマン監督は、ルーニーの同クラブ復帰に前向きだ。実現については「わからない」としながらも、「でも願うことはできる。将来的には起こりうるかもしれないし、それはわからないことなんだ」とコメント。その上で「当然、エヴァートンとしてはウェルカムだよ」と、歓迎する意志を表明した。

 また主将を務めるイングランド代表DFフィル・ジャギエルカも、「彼はエヴァトニアンで、ファンは受け入れると確信しているよ」とサポーターが同選手を歓迎するだろうという見解を示している。

 開幕戦でゴールを決めて以降、得点がないルーニー。3連勝で好スタートを切ったチームも気づけば8位まで転落してしまった。一方のエヴァートンは好調なシーズンを送っており、勝ち点18で6位に付けている。イングランド代表の10番が再びエヴァートンのユニフォームに袖を通す日は訪れるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA