2016.10.30

マンUで戦力外のシュヴァインシュタイガー、U-23チームでの出場も許されず

シュヴァインシュタイガー
マンチェスター・Uで戦力外となっているシュヴァインシュタイガー(写真は1月) [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属する元ドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーが、リザーブチームでの試合出場を禁じられたようだ。29日付けのイギリス紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 シュヴァインシュタイガーは今シーズン、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任したチームで戦力外となっており、トップチームに帯同していない状況が続いている。

 同紙によればシュヴァインシュタイガーは、U-23チームの試合に出場することも禁止されてしまったようだ。U-23チームを率いるウォーレン・ジョイス監督がシュヴァインシュタイガーの起用に関してクラブに許可を求めたところ、トップチームのモウリーニョ監督とそのスタッフから、同クラブのいかなる試合にも同選手は出場できないとの通達があったという。

 これにより、シュヴァインシュタイガーは同クラブでトレーニングを行うのみで、一切の試合に登場しないことがほぼ確定した。1月の移籍が濃厚となっており、MLS(メジャーリーグ・サッカー)など、欧州以外からの関心も報じられているが、シュヴァインシュタイガーはどの道を選ぶのだろうか。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る