2016.10.27

2部で低迷のウィガン、ギグス氏を監督候補に 就任ならスコールズ氏らも入閣か

ギグス
ウィガンが監督候補に挙げたギグス氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するウィガンが、新指揮官に元ウェールズ代表のライアン・ギグス氏を考えている。26日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 14節終了時点で2勝5分け7敗と、チャンピオンシップ24チーム中23位に沈むウィガン。25日にはギャリー・コールドウェル監督を解任し、現在は新指揮官を模索している。

 同紙によると、ウィガンは先月スウォンジーの新監督候補にも挙げられたギグス氏を指揮官候補の一人として考えているようだ。ギグス氏の側近によると、同氏もオファーに前向きな姿勢を示している様子。また、監督に就任した場合には、マンチェスター・U在籍時代にチームメートであった元イングランド代表MFポール・スコールズ氏と、同MFニッキー・バットをコーチとして入閣させる方針を立てているという。

 なお、ウィガンはギグス氏の他にも、23日にフットボールリーグ1(3部相当)に所属するMKドンズの監督を解任となったカール・ロビンソン氏を候補者に挙げている模様。今後の展開に注目が集まる。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る