2016.10.24

モウリーニョから試合後にクレームも 反論するコンテ監督「敬意を払っている」

試合後、コンテ監督(右)に声をかけるモウリーニョ監督(左) [写真]=NurPhoto
サッカー総合情報サイト

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督に、マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督からクレームが入った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が23日に伝えている。

 23日に行われたプレミアリーグ第9節で、チェルシーはマンチェスター・Uをホームに迎えた。昨シーズンまで指揮官を務めていたジョゼ・モウリーニョ監督がマンチェスター・Uを率いて初めてのスタンフォード・ブリッジ帰還を果たすことでも注目された一戦は、開始30秒でスペイン代表FWペドロがゴールを奪うなどチェルシーが圧倒。終始試合をコントロールして4-0と快勝を収めている。

 試合後、モウリーニョ監督がコンテ監督に対し何か耳元でささやくシーンがテレビで放映され、その内容に注目が集まっていた。

 同メディアによればモウリーニョ監督は、コンテ監督が4点目の直後に大きなジェスチャーで喜んでいたことに苦言を呈していたようで、「4-0であんな風に喜んじゃいけないよ。1-0ならまだしも、4-0ではダメだ。相手を侮辱している」などと伝えていたという。

 これに対しコンテ監督は試合後のインタビューで、「私はフットボール選手だったので、ピッチでの振る舞いに関しては熟知しているし、すべての人に敬意を払っているよ」と反論。その上で「ジョゼとの間に何も問題はない。私はいつもリスペクトを忘れないし、誰のことも馬鹿にしていない。私がしたことは至って普通のこと。モウリーニョに屈辱を与えようなんて思ってなかったよ」と、自身の態度に問題はなかったと主張している。

 チェルシーはこの白星でプレミアリーグ3連勝。首位マンチェスター・Cが同日の試合で引き分けたため、その差を1ポイント差まで縮めた。次戦は26日、フットボールリーグ・カップ(EFLカップ)4回戦でウェストハムとのアウェーゲームを控えている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る