2016.09.07

4月から無所属の“お騒がせ”ベントナーが英復帰? 2部クラブと交渉中か

ベントナー
ノッティンガム・フォレスト加入の見通しを報じられたベントナー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 デンマーク代表FWニクラス・ベントナーが、チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するノッティンガム・フォレストへ加入する可能性が高まっているようだ。イギリス紙『デイリーメール』など複数メディアが6日に報じている。

 ベントナーは今年4月、所属していたヴォルフスブルクとの契約を解除。以降は所属クラブがない状態が続いている。今回の報道によると、同選手は6日にノッティンガム・フォレストとの交渉を行い、契約に合意したという。契約期間は1年となる見通しで、早ければ7日中にも加入発表が行われると伝えられた。

 ベントナーは1988年生まれの28歳。アーセナルの下部組織からトップチームに昇格し、バーミンガムやサンダーランド、ユヴェントスへのレンタル移籍を経験した。2014年にヴォルフスブルクに移籍した。昨シーズン序盤は活躍を見せ、DFLスーパーカップのバイエルン戦でMVP(最優秀選手賞)に選出され、昨年8月22日のブンデスリーガ第2節ケルン戦では試合終盤に同点ゴールを挙げた。

 しかし、次第に出場機会が減少。中国クラブ移籍の可能性も報じられた冬の移籍市場ではヴォルフスブルク残留を選択したものの、状況は変わらなかった。ドイツ誌『キッカー』によると、今年2月には同クラブのスポンサーであるフォルクスワーゲンではなく、メルセデス・ベンツの車の写真をSNSに掲載して罰金を科せられた。そしてドイツ紙『ビルト』によれば、ベントナーは3月中旬の練習に遅刻。チーム練習への参加を認められなくなった。トラブルが続いて構想外となり、4月に契約解除が決まった。

 ノッティンガム・フォレスト加入が決まった場合、ベントナーは2014年夏以来のイングランド復帰を果たすこととなる。同クラブは今月20日にフットボールリーグ・カップ(EFLカップ)3回戦でアーセナルと対戦する予定となっており、同選手はいきなり古巣と対峙することになるかもしれない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る