2016.09.04

イングランド指揮官、過去にヴァーディ獲得を画策? 本人に直接激白

ジェイミー・ヴァーディ
ユーロ2016に出場したFWヴァーディ。アラダイス監督のもとでもイングランド代表に選出された [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 7月にイングランド代表の新指揮官に就任したサム・アラダイス監督が、ウェストハムの監督を務めていた2012年に同代表FWジェイミー・ヴァーディの獲得を試みていたことを明かした。3日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 同紙によると、アラダイス監督は2012年、当時イングランド5部のフリートウッドに所属していたヴァーディの獲得に乗り出していた過去をヴァーディ本人に打ち明けたようだ。フリートウッドのミッキー・メロン監督に接触していたが、オファーを提示する前にレスターへの移籍が決定していた。

 ヴァーディは「イングランド代表チームに合流した時、最初に監督はフリートウッド時代の話をしてきたんだ。僕をウェストハムとサインさせようと試みていたとね」と、アラダイス監督から直接話をされたことを明かした。

 イングランド代表は5日、2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選グループステージ第1節を迎え、敵地でスロヴァキア代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る