2016.09.04

マンUのムヒタリアンが負傷、W杯予選欠場が決定 マンC戦も出場不可か

ムヒタリアン
今季からマンUでプレーしているムヒタリアン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アルメニアサッカー連盟 (FFA) は9月2日、同国代表MFヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・U)の負傷状況を発表した。

 ムヒタリアンは8月31日に行われたチェコ代表との国際親善試合で負傷。途中交代を強いられていた。今回の発表によると、同選手は左大腿部を負傷。全治までに7日から10日を要する見込みとなっている。

 アルメニア代表は4日、2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選グループE第1節でデンマーク代表と対戦するが、ムヒタリアンは初戦となるアウェーゲームを欠場することが決まった。

 また、所属するマンチェスター・Uは10日にプレミアリーグ第4節でマンチェスター・Cとのダービーマッチに臨むが、ムヒタリアンの出場は難しいと見られている。同選手はマンチェスター・U加入1年目の今シーズン、プレミアリーグ第3節終了時点で全3試合に途中出場。計60分間のプレータイムを得ている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る