FOLLOW US

英紙もバルサGKのパス本数に驚き? プレミアのフィールド選手とも比較

バルセロナGKテア・シュテーゲン(一番左)。プレミアリーグの選手(右から3人)とパス本数を比較された [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは、28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第2節のアスレティック・ビルバオ戦でGKとしてリーグ記録となるパス本数をマーク。29日付のイギリス紙『デイリーミラー』は、同じ週に行われたプレミアリーグ第3節での各選手のパス本数データと比較した。

 同紙によると、テア・シュテーゲンはアスレティック・ビルバオ戦で51本のパスを記録。プレミアリーグ第3節で最も多くのパスを繋いだ、ストークに所属するアイルランド代表GKシェイ・ギヴン、トッテナムに所属するオランダ代表GKミシェル・フォルムの26本のほぼ2倍となる数字となっている。

 さらに驚きの比較として、同紙はフィールドプレーヤーのパス本数データも紹介。マンチェスター・Cのベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネの49本、リヴァプールに所属する元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーの43本、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスの39本をも、テア・シュテーゲンは越えていたようだ。

 もちろん各チームのサッカーにも違いがあり、単純にパス本数だけで選手を評価することはできないが、GKでこれだけの数字を残すのは衝撃的であることは間違いない。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO