2016.08.29

「生まれ変わったかって?」 2得点のスターリング、マンC2年目に手応え

スターリング
ウェストハム戦で2ゴールを挙げたスターリング [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第3節が28日に行われ、マンチェスター・Cとウェストハムが対戦。マンチェスター・Cが3-1と勝利を収め、開幕3連勝を果たした。

 同試合では、イングランド代表MFラヒーム・スターリングが2ゴールを挙げた。マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた同選手は試合後、勝利の喜びを語っている。クラブの公式HPがコメントを伝えた。

 スターリングは開始7分、左サイド深くからスペイン代表FWノリートが折り返したパスに反応。右足ダイレクトで合わせてゴールネットを揺らした。「僕たちには、ギャップに入り込んだり、ワンツーをしたり、そういうことができる選手が揃っている。先制点の時はとても良いポジションにいたんだ」と振り返った。

 そして後半アディショナルタイム、スペイン代表MFダビド・シルバからのパスを受けると、ペナルティーエリア左側で相手GKをかわす。ゴールライン際、角度のないところでボールを持ったスターリングはシュートを選択。正確なグラウンダーがゴールへと転がり込んだ。

 スターリングは「(自分の)2点目は、シュートを直接打つことが良い選択だと思ったんだ」と心境を明かした。

 昨年夏にリヴァプールからマンチェスター・Cへ移籍したスターリング。巨額の移籍金で新天地を求めることとなったが、昨シーズンは期待どおりの活躍を見せたとは言い難かった。そして迎えた2年目の今シーズン、開幕戦から3試合連続で先発メンバーに名を連ね、中心選手として活躍している。

 スターリングは「生まれ変わったかって?そういった言葉ばかり見ているよ。デビューのシーズン(1年目)は、新しいクラブだったし、難しかったんだ。でも(ジョゼップ)グアルディオラ監督が来て『前に進め』というメッセージを数多くくれた。『ドリブルをしすぎないように』って言われたこともあるよ」とエピソードを明かした。

 マンチェスター・Cの次戦は9月10日、第4節でマンチェスター・Uとのダービーマッチに臨む。3連勝同士の一戦、リーグ序盤の大きな山場となりそうだ。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る