2016.08.24

3部クラブ相手に冷や汗 2失点のチェルシー、辛勝でリーグ杯2回戦突破

サッカー総合情報サイト

 フットボールリーグ・カップ(EFLカップ)2回戦が23日に行われ、チェルシーとブリストル・ローヴァーズ(3部リーグ所属)が対戦した。

 20日のプレミアリーグ第2節でワトフォードに2-1と競り勝ったチェルシーは、中2日で迎える一戦で先発メンバーを大幅に変更。GKアスミル・ベゴヴィッチやMFセスク・ファブレガス、新加入のFWミシー・バチュアイらが先発メンバーに名を連ねた。

 序盤から攻勢をかけていたチェルシーは29分、先制に成功した。ペナルティーエリア左側からドリブルで運んだネマニャ・マティッチの折り返しにバチュアイが反応し、左足シュートを豪快に決めた。

先制ゴールを決めて喜ぶバチュアイ [写真]=Chelsea FC via Getty Images

先制ゴールを決めて喜ぶバチュアイ [写真]=Chelsea FC via Getty Images

 さらに2分後にはペドロ・ロドリゲスが左サイドから上げたクロスにセサル・アスピリクエタが反応。右サイドのゴールライン際からスライディングで折り返し、中央で待っていたヴィクター・モーゼスが難なく押し込んだ。

 2点を先行したチェルシーは34分にセットプレーから失点を喫したが、41分に追加点。ペナルティーエリア右側でパスを受けたルベン・ロフタス・チークが鋭い反転で前を向き、縦へ突破して中央へクロスを送る。走り込んでいたバチュアイが自身2ゴール目を記録した。

 前半を3-1で終え、勝利に近づいたチェルシー。しかし後半立ち上がりの49分、カウンターから中央突破を許し、ペナルティーエリア内でドリブルを止めるとPKの判定に。エリス・ハリソンに決められ、スコアは3-2となった。

ハリソン(中央右)がPKを決め、後半開始早々に1点差となった [写真]=Getty Images

ハリソン(中央右)がPKを決め、後半開始早々に1点差となった [写真]=Getty Images

 1点差に迫られた後、チェルシーはなかなか4点目を決めることができない。アントニオ・コンテ監督はエデン・アザールやジョン・テリー、オスカルを投入。結局、試合は最後まで1点差で推移した。チェルシーは3-2と逃げ切って勝利を収めたが、苦戦を強いられることとなった。

後半途中からピッチに立ったテリー(中央) [写真]=Chelsea FC via Getty Images

後半途中からピッチに立ったテリー(中央) [写真]=Chelsea FC via Getty Images

【スコア】
チェルシー 3-2 ブリストル・ローヴァーズ

【得点者】
1-0 29分 ミシー・バチュアイ(チェルシー)
2-0 31分 ヴィクター・モーゼス(チェルシー)
2-1 34分 ピーター・ハートリー(ブリストル・ローヴァーズ)
3-1 41分 ミシー・バチュアイ(チェルシー)
3-2 49分 エリス・ハリソン(PK)(ブリストル・ローヴァーズ)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る