FOLLOW US

WBA、中国系企業に売却…14年続いた現オーナー政権に終止符

ウェスト・ブロムウィッチが買収されることがわかった [写真]=Getty Images

 ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)は5日、中国系企業に買収されたことを公式HP上で発表した。会長を14年間務めてきたジェレミー・ピアース氏が退き、クラブを売却する。

 取引に関しては6月24日にまとまっていたが、中国での承認手続きが完了していなかったため、8月まで発表がずれ込んだという。

 クラブを買収したのはグオチュアン・ライ氏が会長を務めるユインイ・グオカイ・スポーツ・ディベロップメントで、スポーツ産業への投資を行っている。新オーナーに就任するライ氏はクラブ公式HPを通じて「このような素晴らしいクラブの新しいオーナーに就任する機会を得られたことに、とても興奮しているよ」とコメントしている。

 また、ブラックバーンの元会長であるジョン・ウィリアムズ氏がチェアマンに就任することも同時に発表された。

 WBAは昨シーズン、プレミアリーグを14位で終えた。浮上のキッカケを掴むため、新オーナーがどのような投資を行うのか、注目が集まる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA