2016.07.31

トッテナムMFエリクセン、契約延長オファーを拒否…給与アップを望む

エリクセン
契約延長オファーを拒否したと報じられたトッテナムのエリクセン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、クラブが提示した契約延長オファーを拒否した。イギリスメディア『90min』などが30日に伝えている。

 同メディアによると、エリクセンはクラブから提示された給与額に納得せず、契約延長オファーを拒否した模様。しかし、同選手が退団を視野に入れていることはないようで、今後も交渉は続いていくものと見られている。

 2018年6月までトッテナムと契約を結んでいるエリクセン。現在は週給3万ポンド(約405万円)を受け取っているが、同選手はクラブ最高額となる給与の提示を望んでいるようだ。現段階で、トッテナムにおいて最も高い給与を受け取っている選手はフランス代表GKウーゴ・ロリスで、週給8万ポンド(約1080万円)となっている。

 トッテナムは、2015-16シーズンのプレミアリーグで35試合に出場したエリクセンとの交渉を続けていく方針で、ベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンや、アルゼンチン代表MFエリク・ラメラなどとともに契約期間の延長を目指すという。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る