FOLLOW US

リヴァプールGKカリウスが骨折、序盤戦欠場へ…指揮官はミニョレらに期待

負傷が伝えられたリヴァプールGKカリウス [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するドイツ人GKロリス・カリウスが負傷した。イギリスメディア『BBC』などが29日に報じている。

 現在22歳のカリウスは、今夏日本代表FW武藤嘉紀マインツからリヴァプールへ加入。2015-16シーズンのブンデスリーガで全34試合に出場した同選手は、プレシーズン大会『インターナショナル・チャンピオンズ・カップ』(ICC)に参加していた。

 しかし同メディアによると、カリウスは27日にアメリカで開催されたICCのチェルシー戦で負傷。手の骨折で全治は8週間から10週間と伝えられ、シーズン序盤戦を欠場する見通しとなった。同選手は手術のため、遠征から離脱し、イギリスへ帰国するという。

 また、リヴァプールの公式HPはユルゲン・クロップ監督のコメントを掲載。「最悪の状況ではない。だが6、8、あるいは10週間(復帰まで)かかるだろう。長すぎる期間ではないが、もちろん良いことではない」と状況を説明した。

 それでも指揮官は、「我々にはあと3人のGKがいる。ミニョレのクオリティーについては皆が認めているし、経験のあるマニンガーや、とても若いジョージもいる」と語り、ベルギー代表GKシモン・ミニョレ、元オーストリア代表GKアレックス・マニンガー、イングランド人GKシャマル・ジョージに期待を寄せた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA