2016.07.29

危険なタックルで一発退場のセスク、リヴァプールのロッカールームで謝罪

セスク
リヴァプール戦で一発退場となったセスク [写真]=Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 インターナショナル・チャンピオンズ・カップ2016のアメリカ・ヨーロッパラウンド、チェルシー対リヴァプール戦で物議を醸すシーンがあった。MFセスク・ファブレガスが今夏リヴァプールに新加入したDFラグナル・クラヴァンへの危険なタックルで一発退場となったのだ。

 そのセスクが試合後にとった行動について、イギリスメディア『liverpoolecho』が伝えている。

 同メディアによれば、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、「「彼(セスク)はロッカールームに来て謝ったよ。タックルするのが遅すぎたね。人生では時に遅すぎるとレッドカードを貰うことがある。あれはそういうものだった。(でも)クラヴァンは大丈夫だと思うよ」とコメントし、セスクが謝罪したことを明かしたという。

 また、セスクはSNSでもクラヴァンへの謝罪を行った。

「ラグナル・クラヴァンへのレイトタックルについて本当に申し訳ない。悪意はなかったし、彼が大丈夫だったことに本当にほっとしている」

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る