2016.07.23

MFクロースの獲得望むペップ…6000万ポンド用意も高すぎる週給がネックか

グアルディオラ クロース
バイエルンで共に戦ったグアルディオラ監督(左)とMFクロース(右)(写真は2013年12月) [写真]=ullstein bild via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cレアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースの獲得を狙っている。22日付のイギリス紙『サン』が報じた。


 今シーズンからマンチェスター・Cの指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督は、バイエルン時代の教え子であるクロースの獲得を望んでおり、クラブは移籍金として6000万ポンド(約84億円)を準備しているという。退団が噂されるコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの後釜として、長期的に計算できる同選手の獲得を狙っている模様だ。

 しかしマンチェスター・Cのフロント陣はこの取引に難色を示しているという。同選手の週給が24万ポンド(約3300万円)で、彼らが見積もっていた額の倍だったようだ。

 クロースは2014年夏に、当時グアルディオラ監督が率いていたバイエルンからレアル・マドリードに移籍。しかし同監督はクロースの残留を望んでいたようで、クラブに留まるように説得しているとも報じられていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング