2016.07.19

マンUのマタ、移籍報道を一蹴「メディアに耳を貸すな」…笑顔も見せる

マタ
マンチェスター・Uのマタは去就に注目が集まっている [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのスペイン代表MFフアン・マタが、自身の去就についてコメントを残した。18日付のイギリス紙『Manchester Evening Standard』が報じている。

 マンチェスター・Uの指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では、かつてのチェルシー時代と同様に、満足いくプレー機会が与えられないのではないかと懸念されているマタ。6日にはアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの加入も発表され、移籍報道が加熱していた。

 しかし同紙によると、マタは取材陣に対し、「メディアに耳を貸すな」と発言。マンチェスター・Uのサポーターへ向けて、移籍報道に惑わされないよう促した。さらに、取材陣の一人がマタへ向かって、「マンチェスター・Uに残るのか」と尋ねたところ、同選手は笑顔を見せたという。

 マタに対しては母国スペインのバレンシアやエスパニョール、さらにプレミアリーグのエヴァートンなどが関心を示していると伝えられてきた。同選手の決断に注目が集まる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る