FOLLOW US

新守護神を探すマンC、PSVの蘭代表GKズート獲得に本腰か

PSVのエールディヴィジ連覇に貢献したGKズート [写真]=VI-Images via Getty Images

 マンチェスター・Cが、PSVに所属するオランダ代表GKイェルーン・ズートの獲得に動いている。イギリス紙『デイリーメール』が15日に報じた。

 マンチェスター・Cは今夏の移籍市場でGK補強に動いている。バルセロナのチリ代表GKクラウディオ・ブラボやドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンらが獲得候補として報じられていたが、今回の報道ではズートの名前が浮上した。

 報道によると、マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督はテア・シュテーゲンと並んでズートを補強ターゲットに据えている模様だ。同選手の移籍金は7000万ポンド(約9億7000万円)と比較的安価であることから、マンチェスター・C以外にもクリスタル・パレスニューカッスルが関心を示しているという。

 ズートは1991年生まれの25歳。PSVの下部組織出身で、2011年にトップチームでデビューを果たした。2015-16シーズンのエールディヴィジでは全34試合に出場して2連覇に大きく貢献した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA