FOLLOW US

バルサGKに関心のマンC、狙いはT・シュテーゲン…ブラボ獲得には動かず

マンCからの関心を報じられているGKテア・シュテーゲン [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cが、関心を報じられていたバルセロナのチリ代表GKクラウディオ・ブラボの獲得には動かないことがわかった。イギリス紙『デイリーメール』が13日に報じている。

 ジョゼップ・グアルディオラ監督が就任したマンチェスター・Cは、今夏の移籍市場でGK補強を目指していると報じられている。同監督はイングランド代表GKジョー・ハートのパフォーマンスに不満を抱いている模様で、補強候補にはブラボのほか、バルセロナのドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの名前が挙がっている。

 今回の報道によると、マンチェスター・Cはブラボの獲得には動かない模様。グアルディオラ監督は足下の技術に秀でたテア・シュテーゲンを高く評価しており、今後は同選手にターゲットを絞って交渉を行うと見られている。

 ただバルセロナ側は、両選手のいずれかを他クラブへ売却するのであれば、24歳のテア・シュテーゲンよりも33歳のブラボ放出を優先すると伝えられている。マンチェスター・Cとの間にミスマッチがある形で、今後の動向に注目が集まる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA