2016.07.02

エヴァートンが元オランダ代表GK獲得…クーマン監督の愛弟子

ステケレンブルフ
エヴァートンへの加入が決定した元オランダ代表GKステケレンブルフ [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エヴァートンは1日、フルアムに所属する元オランダ代表GKマールテン・ステケレンブルフを3年契約で獲得したことを公式HP上で発表した。

 アメリカ代表GKティム・ハワードがコロラド・ラピッズに移籍し、GKの補強が急務となっていたエヴァートン。新指揮官のロナルド・クーマン監督が、アヤックスとサウサンプトンで共に仕事をした愛弟子のステケレンブルフを加入させることを決断したようだ。なお、移籍金は公表されていない。

 現在33歳のステケレンブルフはアヤックスやローマなど、ビッグクラブでプレーした経歴を持つ。オランダ代表としても54キャップを積んでおり、2010年のワールドカップ・南アフリカ大会ではグループリーグから決勝までの7試合にフル出場するなど、豊富な経験の持ち主だ。

 2013-14シーズンにフルアムへ加入し、イングランド初挑戦となったがチームは降格。その後モナコへのレンタル移籍を経て、昨シーズンはクーマン監督の率いていたサウサンプトンにローン加入し、25試合に出場していた。


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る