2016.07.02

マンU、ギグス氏の退団を発表…クラブとの関係は29年で終止符

ライアン・ギグス
マンチェスター・Uからの退団が発表されたギグス氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uは2日、アシスタントコーチを務める元ウェールズ代表MFのライアン・ギグス氏が退団することをクラブ公式サイトで発表した。

 ギグス氏は1987年に当時14歳でマンチェスター・Uの下部組織に加入し、1991年3月にトップデビューを果たした。選手時代はクラブ歴代最多の通算963試合に出場し、168得点を記録。プレミアリーグ13回、FAカップ4回、リーグカップ2回、さらにはチャンピオンズリーグを2度制した。

 また、2014年4月からシーズン終了までの4試合を選手兼任の暫定監督として指揮。同年5月に現役を引退し、翌シーズンからはアシスタントコーチを務めていた。

 なお、イギリス紙『サン』などによると、ジョゼ・モウリーニョ新監督を迎えたクラブは、ギグス氏にトップチームとU-21チームをつなぐ新たな役割をオファーしたという。だが同氏は監督になる夢を追求するため、その要請を断り、1年の契約を残してマンチェスター・Uを離れる決断をしたと報じられていた。

 ギグス氏は、29年間に渡ってマンチェスター・Uに在籍してきたが、ついにクラブとの別れを迎えることとなった。


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る