2016.06.06

【独占インタビュー】サミル・ナスリ「グアルディオラとともに世界最強のチームへと成長できることが楽しみ」

サッカーキング編集部

 5月上旬、イギリスのリヴァプールにてニューバランスが展開するフットボールスパイク『FURON(フューロン)』のニューモデルと、『VISARO(ビザロ)』のニューカラー発表会が行われた。

 イベントに合わせて同社と契約中のマンチェスター・C所属のMFサミル・ナスリ、同MFヘスス・ナバス、アーセナル所属のMFアーロン・ラムジーらが登場。『サッカーキング』ではナスリに単独インタビューを実施し、今シーズンの振り返りや来シーズンに向けて、10日に開幕するユーロ2016についても聞いた。

取材=小松春生/藤井重隆

nasri2

体制が万全であればCL決勝に行けた

今シーズンは個人として、チームとして、どんなシーズンでしたか?

ナスリ 個人的には忘れたいシーズンだった。けがで長期離脱してしまったからね。でも、チームとしては、チャンピオンズリーグ出場権を獲得できれば、いいシーズンだと言える(※インタビューは5月上旬に実施)。リーグカップを制したし、チャンピオンズリーグでは準決勝に初めて行ったからね。

今お話ししたとおり、チャンピオンズリーグで初のベスト4進出となりました。大会はどう見ていましたか?

ナスリ 今シーズンはすごくオープンな大会だったと思うし、どこのチームが決勝に進んでもおかしくなかったと思うよ。僕らは過去2シーズン、補強資金が制限され、思い通りのチーム強化ができなかったことが少し足かせになったね。今シーズンはそういう面でも万全な体制が整っていたら、決勝にも進めたんじゃないかな。

レスターは2トップが違いを作っていた

プレミアリーグではレスターが優勝しましたが、どんなチームでしたか?

ナスリ 彼らは優勝に値したよ。いいサッカーをしていたし、順位表で2位以下と差をつけたことが何よりも実力を物語っている。彼らが示したのはプレミアリーグが非常に競争性の高いリーグで、なんでも起こりうるということ。僕もレスターの優勝を称えるよ。

レスターとマンチェスター・Cの違いは何でしたか?

ナスリ チームとして、シティは個々の力が強いけど、サッカーは個人技のスポーツではないし、闘争心や組織力がないと勝てない。総合的に見ても、今シーズン一番強かったのはレスターだと思うよ。守備も安定していたし、2トップが違いを作っていた。彼らからゴールを決めることは難しかったし、チーム全体で守備をしていたね。それが結果につながったと思う。

ペップとともに世界最強のチームへ

ジョゼップ・グアルディオラ監督が来シーズンからマンチェスター・Cの指揮官に就任しますが、印象はいかがですか?

ナスリ 世界最高の監督の1人だよ。彼の指揮するチームのプレースタイルが好きだし、毎日の練習で彼のスタイルを吸収して、ともに世界最強のチームへと成長できることを本当に楽しみにしているんだ。

個人として来シーズンの目標は?

ナスリ まずはけがをしないこと。そしてチームの核になる選手になって貢献して、チームに成功をもたらすことだね。

ユーロ優勝はスペインかドイツ

ユーロ2016ではどの国が優勝すると思いますか?

ナスリ スペインかドイツだね。ドイツはワールドカップ王者だし、経験がある。スペインもユーロの前回覇者だし、経験豊富な選手がいる。新しい世代の選手たちも才能があるから期待できるよ。ただ心配すべき点はチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグでスペイン勢が決勝に3チーム残った点だね。彼らは大会後、すぐに代表チームに合流しなければいけないから、疲労が蓄積されると思うよ。

最後に、今回発表されたニューバランスの新スパイクはどうですか?

ナスリ すごく好きだよ。彼らは足へのフィット感を追求していたし、大きな進化を遂げたね。スパイクを選ぶうえでフィット感は重要だし、完成されたサッカーシューズだと言える。僕がスパイクに求めるものを兼ね備えたものに仕上がっているんだ。

ニューバランス新スパイク・購入はコチラから

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る