2016.06.03

アーセナルのベジェリン、世界最高額のDFに…バルセロナは関心否定

ベジェリン
今季のプレミアリーグでは36試合に出場したベジェリン(中央) [写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリンが、DFとして世界最高額の市場評価を得ている選手となった。イギリス紙『メトロ』が2日付で伝えている。

 バルセロナのカンテラ(下部組織)出身で現在21歳のベジェリンは、アーセナルの右サイドバックとして急激に評価を上げている若手選手だ。スイスに拠点を持つスポーツ研究国際センター(CIES)の最新ランキングによれば、ベジェリンの市場評価額がDFとして世界最高額となった。

 CIESは選手の年齢やパフォーマンス、契約年数、経験などの要因を考慮して市場評価額を算出。ベジェリンの価値は4310万ポンド(約68億円)と推定されている。

 なお、2日にブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスの退団を発表したバルセロナが、同じポジションのベジェリンを後釜に据えようとしているとの報道がなされたものの、バルセロナのスポーツディレクターを務めるロベルト・フェルナンデス氏は同選手への関心を否定している模様だ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング