2016.06.03

パリSGがブラジル代表MFコウチーニョに興味…リヴァプールは慰留へ

コウチーニョ
パリSGからの興味を報じられたコウチーニョ [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマンが、リヴァプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの獲得に興味を示している。イギリス紙『デイリーメール』が2日に報じた。

 報道によると、パリ・サンジェルマンは今夏の移籍市場における補強ターゲットにコウチーニョの名を挙げている。具体的なオファーには至っていないものの、今後獲得に動く可能性が高いと見られている。

 コウチーニョは昨年、リヴァプールと2020年までの契約を締結。チームの主軸として活躍する同選手の移籍を阻止すべく、リヴァプールは慰留する構えと報じられている。ただ、リヴァプールはプレミアリーグを8位、ヨーロッパリーグでは準優勝に終わり、来シーズンはヨーロッパのカップ戦出場権を持たない。同選手はチャンピオンズリーグ出場を希望していることから、パリ・サンジェルマン移籍を望む可能性もあると報じられている。

 コウチーニョは1992年生まれの23歳。2013年1月にインテルからリヴァプールに移籍した。今シーズンはプレミアリーグで26試合に出場して8ゴールを挙げた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る