FOLLOW US

ルーニー、自身初のFA杯制覇に歓喜「今夜は優勝の余韻に浸るよ」

自身初のFAカップ優勝を果たしたFWルーニー [写真]=The FA via Getty Images

 FAカップ決勝が21日に行われ、マンチェスター・Uは延長戦の末2-1でクリスタル・パレスを下し、12年ぶり12回目の優勝を果たした。試合後、キャプテンを務めるイングランド代表FWウェイン・ルーニーがインタビューに応じ、クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

 マンチェスター・Uは78分にクリスタル・パレスに先制点を許す苦しい展開となったが、直後の81分にルーニーのクロスを起点に最後はフアン・マタが左足で決めて、すぐさま試合を振り出しに戻す。延長戦に入ってクリス・スモーリングが退場処分を受けて10人での戦いを強いられたが、延長後半の110分にジェシー・リンガードが値千金の決勝点を挙げて、マンチェスター・Uが120分の激闘を制した。

 ルーニーは試合を振り返り、「プレミアリーグにとっても良い効果があると思う。クリスタル・パレスは素晴らしいチームだったね。タフな試合だったけれど、耐えて、ジェシー(リンガード)が素晴らしいゴールを決めてくれたよ。マンチェスター出身の彼にとっては、最高のフィーリングだったんじゃないかな」と、途中出場で決勝ゴールをマークした同僚のリンガードを称えた。

 プレミアリーグでは5位に終わり、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃したマンチェスター・U。「厳しい形でシーズンを終えたけれど、今日は全員がハードに戦った。僕たち全員の強い意思があったからこその優勝だから、とても嬉しいよ。(FAカップは)子どもの頃から見ていた大会だし、これまでに2度決勝で負けていたから、今夜は優勝の余韻に浸らせてもらうよ」と、ルーニー自身初のFAカップ優勝を素直に喜んだ。

 マンチェスター・Uのタイトル獲得は、2013-14シーズンのコミュニティシールド制覇以来3年ぶり。主要大会(リーグ戦、リーグカップ戦、FAカップ)では、2012-13シーズンのプレミアリーグ制覇以来、アレックス・ファーガソン退任後(2013年)初のタイトルとなった。ルーニーは「しばらく時間が空いてしまったけれど、ファンの皆にとっても素晴らしい結果になった。トロフィーの獲得は、サポーターの皆の気持ちも上げてくれるはずさ」と、昨シーズンに主将に就任して以来、初のタイトル獲得の喜びを噛み締めた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO